ライフハックちゃんねる弐式書籍・読書 > 本読んでも全然内容覚えてない。要約してみろって言われても全然できない。どうやって読めばいいんだ

2chまとめのまとめまとめ+2ちゃんねるmm\(^o^)/アンテナシェア無気力↓朝目 ブーン| ロリポ| しぃはいよる

2010年08月12日

 >
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news/1281514340/
2 : 漁業(ネブラスカ州):2010/08/11(水) 17:13:21.32 ID:gGSeskDV

精読

9 : 発明家(千葉県):2010/08/11(水) 17:15:00.07 ID:a3E2RvWP

積読

5 : 芸人(関西地方):2010/08/11(水) 17:13:34.46 ID:NKg/XPgP

おれ、文章読むとき頭の中で声出して読んでるんだけど、これ普通?

13 : 映画評論家(ネブラスカ州):2010/08/11(水) 17:16:38.47 ID:k2zN1OhN

>>5
それやると読むのにめちゃくちゃ時間かかるだろ

25 : 芸人(関西地方):2010/08/11(水) 17:21:16.21 ID:NKg/XPgP

>>13
どうしたら、頭の中で音読するのやめられますか?

37 : ナレーター(愛知県):2010/08/11(水) 17:24:17.37 ID:p9v6l0ja

>>5
普通の人はそうやって読む
むしろ速読はそれをしないように訓練するらしい

40 : 学芸員(埼玉県):2010/08/11(水) 17:25:04.16 ID:pFac7GqB

>>25
頭の中で音読って言っても、そのスピードで声に出せって言われたらできないくらいのスピードでしょ?

68 : 行政官(catv?):2010/08/11(水) 17:35:16.12 ID:0NOx27Cg

>>5
俺もなんだけど何故か馬鹿にされる

122 : カッペ(神奈川県):2010/08/11(水) 18:11:00.59 ID:WagV6V3w

>>37
速読してるひとって頭の中で映像作ってドラマ仕立てに再生したりしないの?
あんな早く読んでたら出来ないよな

248 : 三菱電機社員(長崎県):2010/08/12(木) 01:23:39.99 ID:QMkeUYTV

>>5とかってこのスレのレス読んでる時も頭の中で声出してるの?


ねぇよwwwwwwwww

265 : ソムリエ(福岡県):2010/08/12(木) 01:34:14.64 ID:aWGN9+3+

>>248
えっ、江守徹が脳内で朗読してくれるんだけど

297 : 庭師(catv?):2010/08/12(木) 10:11:08.33 ID:DNFr/bQb

しっかり覚えたい奴は全部音読するようにしている。
それでも覚えるの難しいけどな。

11 : 映画評論家(アラバマ州):2010/08/11(水) 17:16:15.14 ID:4STY9tKe

スキマ時間に読んで、噛み砕いて反芻しろ

年何百冊とか読んでますとか言ってる奴は信用できない

16 : 伊達巻(福井県):2010/08/11(水) 17:18:18.82 ID:i5V/bo4N

現代文って地頭よくないと無理だよね

19 : 高校生(京都府):2010/08/11(水) 17:19:11.88 ID:odi5MqiX

>>16
現代文のテストに出てくるような糞単純な評論文ならいいんだけど、ちょっと固めの本一冊とかになるとできないんだよ

17 : H&K PSG-1(岐阜県):2010/08/11(水) 17:18:22.06 ID:hr4vQgIW

いきなり長編読んでも理解でいないわな長編を楽しむのには読書経験値を上げないと
まずは絵本や童話から始めましよ次に星新一などのSSを月に数冊で数年
そしてクリステイ等推理物の短編へとステップアップ

18 : 自衛官(東京都):2010/08/11(水) 17:18:42.63 ID:odoostyq

むしろ結論だけしか興味無い
その部分だけ探して読むから要約しか出来ない

23 : 盲導犬訓練士(コネチカット州):2010/08/11(水) 17:20:35.77 ID:PiEkp08w

内容覚えたり要約できたりする必要ないだろ、暇つぶしなんだから

28 : 高校生(京都府):2010/08/11(水) 17:21:51.57 ID:odi5MqiX

>>23
ただの暇つぶしと断ずるほど割りきってもいないんだよ。娯楽と勉強の間かな

24 : 金持ち(catv?):2010/08/11(水) 17:21:06.77 ID:08jbdh8V

「人間失格」→要約:「女のいない世界に行きたい」

29 : 映画評論家(catv?):2010/08/11(水) 17:22:14.76 ID:tafWFwjm

小説だと要約するような内容の無いものも多い
漱石の道草とか
「お金貸した」
で終わり

35 : ソーイングスタッフ(東京都):2010/08/11(水) 17:24:07.72 ID:NN4Ddoo7

ある小説をもの凄く没頭して読んだとき、
読んだ文字が一切記憶になく、ただ映像だけが残っていた
という体験をしたことが一度だけあって、
できることなら、それを再現できるようになりたい。
同じ本読んでも、もうできない。普通に文字を読んでる感覚になる。

あれは変成意識の一種だとしか思えん。

62 : エンジニア(栃木県):2010/08/11(水) 17:33:17.26 ID:tmCj+JSL

>>35
それが速読

103 : ソーイングスタッフ(東京都):2010/08/11(水) 17:58:15.18 ID:NN4Ddoo7

>>62
速読とは違うと思う。
速読は文字を追いかける感覚がある。
速度の問題であって、感覚自体は普通。

自分の方法が正式な速読かどうかは分からないけど、
じっくり読む場合と違う読み方で一分6000?7000字くらいはいける。

それとは明らかに違ってた。

163 : 劇作家(栃木県):2010/08/11(水) 18:41:16.42 ID:nW9m/tKZ

>>35
速読やってる人はみんなそういう状態で読んでるそうだよ
NHKの 試してガッテンでやってたからググッてみな
頭の中で音読しないで、イメージしながら読むと、早く読めるし内容も忘れにくくなる

180 : 商業(福岡県):2010/08/11(水) 18:56:09.31 ID:Nm1R10yj

>>35
俺は逆に映像のほうが普通だな
読んでる時は読書というより映画をみている感覚に近い
本の内容を思い返すときも文字は想起されない

201 : 外交官(北海道):2010/08/11(水) 19:31:13.86 ID:GvECb240

>>163
普通、頭の中でその内容をイメージしながらよむだろ・・・
それが楽しいのに

203 : 行政官(愛知県):2010/08/11(水) 19:40:37.23 ID:WbsEyX3c

>>201
文字を文字として認識してから脳内でイメージに変換することは多くても
自然と文字がイメージに変換されるのはなかなか難しいもんじゃないか?

255 : 行政書士(アラバマ州):2010/08/12(木) 01:28:44.65 ID:7+P7gwVe

>>35
感情移入した時はそうならない?誰でも

44 : パン製造技能士(茨城県):2010/08/11(水) 17:26:04.16 ID:vI08p4dE

同じ本を何度も読むのは案外いいことさ
内容にどのような感想を持つのであれ、ひとつの軸ができる

48 : 行政官(アラバマ州):2010/08/11(水) 17:28:22.16 ID:kFbepOtR

要約しろとか言われてペラペラ語りだす奴いるけどオレの場合は大抵一言二言で済んじまうや

50 : スリ(宮城県):2010/08/11(水) 17:29:15.51 ID:1bLikHYE

>>48
恋人が死ぬ話、とか要約するタイプ?

81 : 行政官(アラバマ州):2010/08/11(水) 17:42:00.53 ID:kFbepOtR

>>50
恋人が死ぬ話だったら、恋人の死を一つのイベントと考えて、
このイベントを通じて著者が訴えたい事、伝えたい事は何か、
それと哲学的視座で自分がどういう教訓を得られたか、
あたらしい発見や経験に照らし合わせて共感する部分はあったかなどを述べるだけかな

88 : モデラー(コネチカット州):2010/08/11(水) 17:46:50.57 ID:8d2F3RJq

>>81
横さらだがなるほどね
そうやって話しを発展させるんだ

91 : 水先人(コネチカット州):2010/08/11(水) 17:47:01.51 ID:lZwtMQeB

>>81
要約におまえの感想文はいらない

57 : 行政官(東京都):2010/08/11(水) 17:31:41.51 ID:ejIYgLOg

読書感想文は嫌いだったな
課題本ってだからどうしたっていう内容が多くて困ったわ
適当に文章抜いて適当に感想書いて終わりっていうパターンだった

66 : ジャーナリスト(愛知県):2010/08/11(水) 17:34:24.76 ID:0FJaXxKi

>>57
要約するだけならともかく、自分の感想を織り交ぜるのは苦手だったな。
何が面白かったって、全体の話が面白いんだからいいだろって感じ

大人になって、中身のない文章をダラダラ続けることはできるようになったがw

67 : 自衛官(東京都):2010/08/11(水) 17:34:51.03 ID:odoostyq

>>57
この作者が言いたい事は?って類推する作業は苦手だ
俺はこう思うって主張なら何十ページでも書ける

58 : サッカー審判員(ネブラスカ州):2010/08/11(水) 17:32:02.63 ID:SITD3C+E

昔の人は一冊を丸暗記するぐらいボロボロになるまで
何度も読んだと言う。その位しないと分かるという気持ちには
ならないのかも。

70 : パン製造技能士(茨城県):2010/08/11(水) 17:36:45.06 ID:vI08p4dE

>>58
漢文の素読とかね。
俺も今『唐詩選』読み始めたとこだわ
1回読み終わるだけでもけっこう時間かかると思う

197 : 放射線技師(山陰地方):2010/08/11(水) 19:16:09.76 ID:3bfF3zJV

>>70
唐詩選って種類あって分かりにくいよね
オリジナルと現代の編集

64 : 金持ち(catv?):2010/08/11(水) 17:33:54.11 ID:08jbdh8V

読書感想文は消防の頃よりオッサンになった今の方が書けそうな気がする。
無駄知識増えて、内容にツッコミも入れられそうw

65 : 政治厨(catv?):2010/08/11(水) 17:34:15.17 ID:nx00VUbj

>>oll
安心しろ
おまえらはアホだが、おまえらの脳味噌は優秀だから
流し読みしても記憶はしてくれる
じゃんじゃん読め

69 : 高校生(京都府):2010/08/11(水) 17:35:27.19 ID:odi5MqiX

いつでも読み返せるという余裕、油断が自分の意識に作用してんのかな
大量の物語を完璧に暗記している吟遊詩人たちが、文字というものを知った途端それらの知識が霧散してしまったとかいうな

73 : 行政官(埼玉県):2010/08/11(水) 17:37:29.68 ID:WDiaaL4m

要約できないなら全部まるっと憶えればいいじゃん
むしろそっちの方がいいよ、枝葉末節大事にしようぜ

74 : 整備士(ネブラスカ州):2010/08/11(水) 17:37:56.07 ID:U/ddWXDE

テレビで誰かが小説とか文庫本でも重要と思ったところは線を引きまくるって言ってた
確かに教科書や資料なんかは気にせず引くけど小説とかに引くのは抵抗感がある
理解度は格段に上がるだろうが何か実践できない。貧乏性か、、売るわけでもないのに。

85 : パン製造技能士(茨城県):2010/08/11(水) 17:45:35.78 ID:vI08p4dE

>>74
齋藤孝かな?三色ボールペンの人。
俺は小説に関しては気に入った表現に線入れてるけど、なんか汚くなる感はいなめないよね。

あと線入れちゃうとその本を人に貸せなくなるのが痛い

76 : 行政官(京都府):2010/08/11(水) 17:39:03.41 ID:GC38FP5z

2009年度
京都大学入学試験 国語問題文

文字禍
http://www.aozora.gr.jp/cards/000119/files/622_14497.html

191 : 潜水士(兵庫県):2010/08/11(水) 19:03:34.62 ID:7zeCqAwh

>>76

いちばん嫌いな文体だ。作者の自己満足でしかないと思う。

196 : 行政官(京都府):2010/08/11(水) 19:14:48.22 ID:GC38FP5z

>>191
お前の好き嫌いかよ

202 : 潜水士(兵庫県):2010/08/11(水) 19:33:23.83 ID:7zeCqAwh

>>76
これを好きな人は、国語で5(5段階評価)とってきた人だと思う。

97 : 行政官(アラバマ州):2010/08/11(水) 17:54:44.29 ID:kFbepOtR

まず言葉の意味が分からないと映像として頭の中にイメージできない
分からない言葉が出てきたら意味を調べる
意味を調べても映像としてイメージできないと分かった事にならないんで、言葉の意味はきちんと咀嚼する必要がある
その上で読み進めると、意味が解ってきて文の構成から著者の言いたい事、、伏線などなど色々見えてくる
この状態が読書に没頭している状態そのものなんで、まず言葉の意味とイメージ喚起力が無いと読書はつらくなる

99 : 自衛官(東京都):2010/08/11(水) 17:55:41.89 ID:odoostyq

イメージ喚起力とか生まれついて持ってるだろwwwと思ってたら実はそうじゃないらしい

102 : 僧侶(アラバマ州):2010/08/11(水) 17:57:43.65 ID:K9SqCJXP

ノルウェイの森の要約は素晴らしかった

105 : SAKO TRG-21(福島県):2010/08/11(水) 18:00:54.04 ID:7jktWbRT

速読覚えようとしてるやつに聞きたいんだけど、速読したら凄い頭良くなれるの?
どうせ誰でも理解できる新書早く読めるようになるレベルだろ
1時間で読むところ10分で読んだとしてそれで楽しいの?
3日もすれば読んだ内容すら忘れてるんだろ?
それだけ実りある時間過ごせてるわけ?
どうせ空いた時間なんてろくな使い方してない癖にww

118 : 編集者(福井県):2010/08/11(水) 18:08:09.64 ID:eVhkjDMa

>>105
楽しくは無い、短時間で目が通せるってくらい
本当に自分が読みたい本は速読した後に熟読する

112 : 映画評論家(千葉県):2010/08/11(水) 18:06:02.50 ID:MS/vpGvX

問い:何故学ぶのか? → 答え:自由になるため

南北戦争以前のアメリカ合衆国南部では、奴隷に「読み書き」を教えた白人は厳しく罰せられた。
フレデリック・ベイリーは奴隷だった。
1828年、ベイリーは、農園からメリーランド州ボルティモアの街に連れて来られた。
彼の新しい「主人」は、ヒュー・オールドという男だった。

仕事は、野良仕事から内働きに変わった。 周囲の環境も、単調な農園からにぎやかな街へと変わった。
街には、店の名前を記した看板やポスターがあった。 それから、文字を読める人間がいた。

ベイリーはある日、彼の運命を変えるような発見をした。
壁や紙の上に書かれている「模様」と、それ見ている人間の唇の動きに関係があることに気付いたのだ。

そこから、彼がその国の歴史を変えるまでには、まだまだたくさんの時間が必要だった。
しかし、それからは坂を転がり降りるようだった。 苦難や危険がなかった訳ではない。
だがもう、ベイリーは元に戻ることはなかった。 彼は、「文字」と「読むこと」を発見したのだ。

116 : 盲導犬訓練士(コネチカット州):2010/08/11(水) 18:07:46.23 ID:A+4VcPdX

ノウハウ本を読むのは止めなさいという本の上中下の下巻を今読んでいるんだ

120 : 水先人(コネチカット州):2010/08/11(水) 18:09:53.76 ID:Xro2eBt9

米内光政の読書方法がいい
あと気になった言葉は書き留める

128 : 行政官(アラバマ州):2010/08/11(水) 18:17:18.16 ID:kFbepOtR

>>120
それ王道だな
1回目読んだ自分と2回目読む時の自分は違う
もちろん3回目ともなると更に違ったものの見方をする自分がいる
なので一回一回読み返すたびに違う感想を抱くことになり、理解を深めていくことになる
全体の構成とイメージを掴むために俯瞰するという意味での一回目二回目の流し読み、反流し読みも有意義といえるな

127 : SAKO TRG-21(福島県):2010/08/11(水) 18:17:01.81 ID:7jktWbRT

誰でも1回読めばある程度理解出来る本ってのは売れるからな
あんなの読んでドヤ顔して読書かぶってるやつ何なわけ?

137 : 行政官(茨城県):2010/08/11(水) 18:22:35.20 ID:eSSMvEo9

>>127
もう読書がステータスの時代は過去の話なんだからどうでもいいやん
本なんて数ある娯楽のうちの一つに過ぎん

132 : ディレクター(catv?):2010/08/11(水) 18:18:33.59 ID:K3gFxvWB

速読の人はメモりながら読んでるから復習をするみたい。
俺は時間かけて読むけどさ。書き込んだりもする。
最近のベストセラーたいしておもしろくないのばっかだった。
ドラッカーの高校野球とか伝える力とか。
よく読まれてる古典のがだいたい当たり。今日買った道をひらくは当たりだ。

142 : 看護師(熊本県):2010/08/11(水) 18:25:43.12 ID:rS8PC4t7

一時期読書が高じて読書論にはまる時期ってあるよな
いろんな人の読書法や読書論の本集めちゃう

146 : ディレクター(catv?):2010/08/11(水) 18:26:40.56 ID:K3gFxvWB

>>142
俺だわ? でもその時期がもう2年ぐらい続いてる・・・

151 : 看護師(熊本県):2010/08/11(水) 18:29:23.34 ID:rS8PC4t7

>>146
俺は1年だったよw
途中から読書論からはみ出て来てキリが無くなってしまった

171 : 芸人(神奈川県):2010/08/11(水) 18:50:16.92 ID:txsLNEBd

宮崎哲哉は、1冊10分くらいで読むと言ってた。
読んでる本は、新書。さんざ大量の本を読んでるので、類似の主張が
出てくると、すっとばすって言ってたよ。だから、論の蓄積が出来る分野では速読が可能。

蓄積が不可能な、小説では、速読はありえないだろう。小説速読してどうするんだろ?

185 : 爽健美茶(千葉県):2010/08/11(水) 18:58:35.95 ID:12HiG009

新書は昔100冊読んで、見切りをつけたつもりが、
小飼弾の『新書がベスト』読んでから、再び新書づいてしまった
今日も新書ばかり10冊買ってきた
なんというインテリ

188 : 翻訳家(熊本県):2010/08/11(水) 18:59:49.79 ID:QTbCkv8X

>>185
その発言は高校生までで宜しく

187 : リセットボタン(千葉県):2010/08/11(水) 18:59:41.55 ID:Z6v7HbIB

普段本読まない奴がたまに1冊読むと完全に洗脳されてるんだけどなんなの

190 : ディレクター(catv?):2010/08/11(水) 19:02:23.17 ID:K3gFxvWB

>>187
いい本に洗脳されたらめちゃいいんでない?

192 : ノブ姉(熊本県):2010/08/11(水) 19:05:38.10 ID:LmQZ7ezR

>>187
文字を読むので精一杯

批判的に読めない

何読んだか全部忘れる

結論を全部「信じる」

220 : ドライバー(コネチカット州):2010/08/11(水) 21:28:28.06 ID:B5zpUO1z

貴志祐介の新作、まだ上巻の途中だけどおもしろいな

湊かなえの告白なんかよりページが進む

222 : 映画評論家(神奈川県):2010/08/11(水) 21:30:56.30 ID:CTL6WlNB

>>220
うわ・・・昨日買ってきたのに
悪の教典だろ

今日読み始めたら悲惨なことになっちまいそうだ
絶対に袋から出さんわ

237 : 営業職(catv?):2010/08/12(木) 01:14:50.00 ID:ZZ+JZNsJ

速読ってさ、ふと思ったけど、かなり主観性が高いんじゃないか?
言い方を変えるとさ、哲学なんかの高度な教養書はもちろん、
文章に装飾の多い小説(文語作品など〉なんかには使えないんじゃないか?

239 : 弁理士(福井県):2010/08/12(木) 01:17:11.65 ID:mYIu+CAI

>>237
そりゃあな、新書とか学術的な本で速読しても何も頭に入ってこないからな

240 : ツアープランナー(長屋):2010/08/12(木) 01:18:12.34 ID:8cRB0jau

>>237
そうだよ

速読を持ち上げたり興味を持つやつは自ら低脳ですとアピールするようなもん

245 : 6歳小学一年生(アラビア):2010/08/12(木) 01:21:24.81 ID:AYqSO9vW

>>237
自分の中で消化する必要があるから哲学書とか文学作品は速読してもどうしようもない。
なんか情報が大量に欲しい人だけでしょ役に立つのは。

246 : 都道府県議会議員(北海道):2010/08/12(木) 01:21:43.05 ID:de9K45Mq

>>239
自分の専門ではない分野、今注目されてる分野の本を何冊か買って
速読するのは、偏りなく要点捉えられるから良い方法だよ。

252 : ツアープランナー(長屋):2010/08/12(木) 01:26:39.23 ID:8cRB0jau

>>246
流し読みだろそれ

276 : 都道府県議会議員(北海道):2010/08/12(木) 01:47:48.36 ID:de9K45Mq

大抵どんな分野にもなんとか派とか考え方の対立や変遷があるんだよ。
だから最初に手にした1冊熟読したとしても、それが偏ってないとは限らないんだよ。
最初に何冊かさっとでいいから読めば、普遍的な部分は把握できるし、
多角的な視点で理解できる。そこから良くも悪くも気になった部分熟読すれば良い。
こんなの特別でもなんでもない学習方法だぞ。

241 : 文筆家(東京都):2010/08/12(木) 01:18:51.37 ID:aGqQjoo6

あたし底辺大学で教えてるんだけど、
日本語の作文できない子が文系科目の大学来ちゃダメだぞ?

ガチでいるので困る。一生卒業できないから諦めて

247 : 6歳小学一年生(アラビア):2010/08/12(木) 01:23:30.66 ID:AYqSO9vW

>>241
旧帝大でも新入生の文章は酷い。これは学歴の問題じゃなくて、日本の教育カリキュラムの問題だと思う。
構造的に文を組み立てる技術を育てるための授業が、小中高一貫して無い。

249 : 文筆家(東京都):2010/08/12(木) 01:25:14.97 ID:aGqQjoo6

そこで本田勝一の出番ですね。

251 : 6歳小学一年生(アラビア):2010/08/12(木) 01:26:36.72 ID:AYqSO9vW

>>249
おれは「理科系の作文技術」を押すけどな。理科系ってついてるけど文理関係無く必読

250 : 爽健美茶(兵庫県):2010/08/12(木) 01:25:28.10 ID:8jf4h447

昔の人は声に出して読まないと頭に入らないっていう迷信がはびこってたんだよ
先人の知恵を拝借して声に出して読んでみれば(死ね

254 : 営業職(ネブラスカ州):2010/08/12(木) 01:28:32.80 ID:GPsZXfQ2

ヘッセの車輪の下読んでるんだが今のところちっとも面白くない
面白くなるのこれ?

256 : 絶対に許さない(新潟県):2010/08/12(木) 01:29:40.92 ID:92nnY5Ud

>>254
ならない

273 : 中卒(京都府):2010/08/12(木) 01:40:34.23 ID:kzSYVWBh

「面白かったら絶対内容を覚えてるはずだ」ってのはおかしくない?ノンフィクションでも面白いけどよく覚えてないのとかいっぱいあるわ。
重要でない、まあそれはしょうがない 緊急に必要な知識なんてそうそう発生しないし

274 : 海上保安官(鹿児島県):2010/08/12(木) 01:40:41.30 ID:PMs2sjm4

ミステリーのトリックとかも三日で完全に忘れてるわ

281 : 営業職(東京都):2010/08/12(木) 02:09:24.85 ID:Lf8N/xx+

「黒死館殺人事件」
「ドグラ・マグラ」
「虚無への供物」

が要約できれば、自信を持っていい。

288 : Opera最強伝説(鳥取県):2010/08/12(木) 03:58:59.64 ID:F8H2KVvn

ロリータってすさまじい本だな。
あんな読み返した面白い本ないわ

301 : 編集者(神奈川県):2010/08/12(木) 12:51:04.10 ID:6rzM/f3X

>>288
英語で注釈付きのやつ読むともっとすごいらしいな
言葉遊びがそこら中に散りばめられてる
しかもそれを書いたのが英語が母国語じゃないロシア人なんだからすごすぎる

293 : 俳人(静岡県):2010/08/12(木) 07:52:41.82 ID:Zss0aXoZ

まず結末を読んでその後最初から読む

302 : 行政書士(愛知県):2010/08/12(木) 13:26:35.62 ID:ZlIiu8Fx

小説とかだと
客が来なくなって1000年たった変態のためのテーマパークのぬいぐるみどもが部外者に殺される話
とかそんなレベルの要約はできるけどこれじゃないんだろうなとは思う。

305 : 画家(三重県):2010/08/12(木) 14:43:55.19 ID:askHsu7R

最初、集中して読んでるんだが
気づかないうちに違うこと考え出して
目だけは文章を追ってて結局内容覚えてないことがよくある


この記事へのコメント


みんなが見てる


コメント1げっとおおおおおおお≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡c⌒っ゚Д゚)っ ズサーッ!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 

卑猥な単語や誹謗中傷コメントは修正される場合がありますのでご了承くださいm(__)m

今週人気

    管理人厳選記事

    記事別アクセスランキング

    ブログパーツ

    注目




















    スポンサードリンク
    remote-buy-jp7
    • ライブドアブログ