ライフハックちゃんねる弐式書籍・読書 > 絶望的に悲しくなる小説教えて

2chまとめのまとめまとめ+2ちゃんねるmm\(^o^)/アンテナシェア無気力↓朝目 ブーン| ロリポ| しぃはいよる

2015年10月15日

62コメント |2015年10月15日 18:00|書籍・読書Edit

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:23:48.967 ID:AKWCkTvy0.net

読書の秋でござんす


4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:26:28.076 ID:gGEWwKvV0.net

ドグラマグラ


8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:28:19.701 ID:AKWCkTvy0.net

>>4
持っているけどまだ読んでいないんだー
読まなきゃなぁ。


7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:28:14.718 ID:96Fjn2kUK.net

古泉迦十『火蛾』


11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:31:21.343 ID:AKWCkTvy0.net

>>7
メフィスト作品かー。
作者この作品だけなんだ。なんかミステリアスでそそられるなぁ。
ありがとう!


10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:29:56.920 ID:0CrtsKukp.net

『姑獲鳥の夏』


14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:32:17.581 ID:AKWCkTvy0.net

>>10
京極堂シリーズは三作目まで読んだよー!
魍魎のハコが一番好きだなぁ。


12 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:31:55.463 ID:qOlwNdU+0.net

俺と趣味が合うね
特段悲しくなることはないと思うけどソローキンを勧めるよ。平山夢明が好きなら楽しく読めると思う。
作風は平山夢明にロシアの小説家の文体模写と歴史改変をプラスした感じ。


16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:34:54.526 ID:AKWCkTvy0.net

>>12
ソローキンですか。初めて聞いたなぁ。
尼で見たらちょっと本高いけど、平山さん的作風と聞いて気になるなぁ!
ありがとう!


13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:32:11.846 ID:0c3YZggM0.net

悲劇とかいう茶番。劇ってついてるからね
本当に悲しい小説なら暗い系とか自刹したくなる系読めば?


15 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:34:37.714 ID:yB9bHqSNE.net

忍びの卍


19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:39:11.674 ID:AKWCkTvy0.net

>>15
山田 風太郎は甲賀忍法帖が面白かったなぁ。
あんな感じなのかな?


22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:43:35.343 ID:yB9bHqSNE.net

>>19
能力持ちの忍者はたった三人しか出てこないけどその分能力バトルが濃密になってる
いつもの山風作品よりも暗くて悲しい雰囲気のお話


18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:37:48.019 ID:h/hrO5dDK.net

車輪
孤島の鬼
塩狩峠
おしまいの日


21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:43:17.296 ID:AKWCkTvy0.net

>>18
沢山ありがとう!
孤島の鬼面白いよね。最高の冒険小説だー
おしまいの日っていう作品が一番気になったよ。
読んでみようかな。ありがとう。

あと車輪というのは作者も良ければ教えて欲しいな。


26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:48:36.350 ID:h/hrO5dDK.net

>>21
おしまいの日は、読むとわかるけど手法が独特だから臨場感あると思う
派手さはないけど、淡々と進んでいく狂気って感じ
車輪の下は、悲しいと言うか陰鬱で重苦しい


23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:45:02.992 ID:ld+7HVcH0.net

米澤穂信「さよなら妖精」


28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 19:53:37.266 ID:h/hrO5dDK.net

ラノベでもよければ、猫の地球儀


31 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:00:18.752 ID:h/hrO5dDK.net

おしまいの日の独特というのは、後半にいくにつれ強くなるよ
文章とか書き方っていうより視覚的な表現で
ぜひ読んでみてくれ
猫の地球儀は切ない話


33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:16:47.593 ID:LyBn5LgR0.net

開高健 「輝ける闇」
ベトナム戦争従軍記者としての記録と思いきや、中二病を最強にこじらせたお話

続きである「夏の闇」は前作の主人公がニートになってずーーーーっと食って寝てる
傑作


34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:20:59.776 ID:AKWCkTvy0.net

>>33
泥臭そうな作品ですね!
どちらかというと、夏の闇の方が気になってしまいます。
ニートを描いた傑作とは…


36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:25:40.600 ID:LyBn5LgR0.net

>>34
夏の闇だけでいいから読んでくれ
ブッコフで売ってる
主人公は寝て食ってブクブク太るだけ。たまにメンタルを病んだ女性が来るが
基本的にはなんにも一切しない。
とてつもない傑作


43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:29:28.129 ID:LyBn5LgR0.net

>>34
輝ける闇もすごい。
従軍記者としてベトナムに行って、リアルを知りたくて最前線にまで行ったが
回りの知人や兵隊が内臓ぶちまけて横たわって微笑して死んでいく中、猛砲撃の中チビりながら
逃げ狂うシーンが神がかってる。実話。


46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:31:08.362 ID:AKWCkTvy0.net

>>36,43
詳しくありがとうございます!
絶望感とにかく過ごそうですね。
夏の闇は一時期の自分の境遇と重ねて読めそうです。
ぜひ、読んでみます


49 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:33:26.837 ID:LyBn5LgR0.net

>>46
いえいえ、興味もってくれてありがとう。
ぜひ、「輝ける闇」の次に「夏の闇」を読んでね。
著者の開高健はすでに故人だけど、とてつもない表現力をもった小説家だし
読み応えはかならずあると思う。


35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:24:25.169 ID:fZbEJcLd0.net

手紙


37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:26:34.886 ID:nksiTK+kp.net

若きウェルテルの悩み


38 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:27:10.734 ID:zVqpYrwTd.net

平山夢明の他人事


50 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:33:57.264 ID:AKWCkTvy0.net

>>38
平山夢明は好きな作家さんの一人です。
他人事では、おふくろと歯車なんかが好きですね!
とても良い絶望です。


39 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:27:32.400 ID:UD4cXAywK.net

悲しいというか暗い気持ちになったのは『人間失格』『こころ』


51 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:35:20.486 ID:AKWCkTvy0.net

>>39
どちらもとても有名な作品ですよね。
太宰治はいくつか読んだことがあるのですが、
一番有名な人間失格は読んだことが無いのです。
こころもいつか読みたいな、と思うばかりで……
しかし、これをきっかけにまた触れてみようと思います。
ありがとうございます!


61 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:43:25.601 ID:JZjCUdlJa.net

>>51
横入り失礼
人間失格は面白いよ
自分がいつ読むかによって(読んでいる時の状況によって)、感想が全く違ってくる
何度か読んだんだが、主人公に感情移入して素晴らしい作品だと涙が出てきたこともあったし、主人公が阿呆らしく思えこの本内容も何もねえなと思った時もあった
おすすめ


40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:27:36.106 ID:dNRZjz6Zd.net

こころ


41 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:28:20.730 ID:3nGGxoj10.net

少女には向かない職業


45 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:30:26.324 ID:ryIyxOo6p.net

ホテルローヤル


48 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:32:31.203 ID:103Cy6E1K.net

フィリップ・K・ディック『スキャナー・ダークリー』
違法薬物の捜査官が取り締まりのためジャンキー連中のただ中に潜入するうちに現実と幻想がいりまじりだす話
話の本筋よりジャンキーたちの生態が哀しくて泣けてくる
作者のジャンキー仲間のエピソードそのままを用いてるときくと尚更哀しい


62 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:46:38.117 ID:AKWCkTvy0.net

>>48
SFの著名な方ですね。
ジャンキー仲間のエピソードをそのまま、とはかなりリアリティがあるのでしょうか?
ありがとうございます!


52 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:35:51.174 ID:JZjCUdlJa.net

ダニエルキイス「アルジャーノンに花束を」
あれは悲しいというか胸に来る


54 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:36:50.104 ID:LXt7QQRc0.net

東野圭吾の「悪意」


59 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:41:55.419 ID:xBNiDBUz0.net

カフカの変身も読み方によってはかなりきつい


69 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:53:57.701 ID:AKWCkTvy0.net

>>59
変身は読んだことがあります。
なんというかシュールさに圧倒されて、
その時はあまり悲しさは感じなかったです。
理不尽もあそこまで来ると、なんだか笑えてしまったり!


72 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 20:58:18.175 ID:koqF9cUb0.net

じゃあ貫井徳郎の『空白の叫び』
この作者は重い話をよく書くがこれはダントツ
同作者の『灰色の虹』もオススメ


73 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 21:01:41.479 ID:4UKk32wQ0.net

貫井さんは慟哭のラストが衝撃的だった


76 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 21:05:47.083 ID:AKWCkTvy0.net

>>72,73
どれもあらすじを読んでいるだけで、絶望がひしひしと伝わってきますね。
空白の叫び、は長いみたいなので、まずは他の作品から探してみようと思います!
ありがとうございます!


74 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/10/14(水) 21:04:15.553 ID:+IOkLshba.net

阿佐田哲也「ばくち打ちの子守唄」

阿佐田作品の中でもこれは救いがなさすぎ・・・





 コメント一覧 (62)

    • 1. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 18:44
    • 重松清 疾走 これは悲しくなる
    • 2. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 19:00
    • 異次元騎士カズマ。
      暗い上に未完なのでさらに暗い気持ちになる。
    • 3. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 19:10
    • ラノベでいいならイリヤの空、ufoの夏
      これほど無力感に苛まれるラノベも珍しい
    • 4. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 19:12
    • フィクションで泣く奴って笑
    • 5. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 19:15
    • 探偵の探偵
    • 6. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 19:21
    • わたしを離さないで -カズオ イシグロ-
      救いがない。何回読んでも暗くなる。
    • 7. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 19:35
    • 主人公に頼りまくっていた家族が虫になったとたんに邪魔者扱いだからな…主人公をリストラされたおとうさんと考えるとカフカの変身は確かに悲しい話だ。
    • 8. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 19:37
    • 終わる世界のアルバム
    • 9. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 19:43
    • 宮部みゆき「火車」
    • 10. 空缶
    • 2015年10月15日 19:51
    • ディックはVALISで壊れ扱いされてるけど、
      そのVALISにも泣きツボがあって捨て難い。
      駄目小説家みたいに言われてるけど、いきなり泣かせにくる卑怯な手口は立派なプロ。
      スキャナーはそのへん全開で、正直こういうのもっと書きたかったんじゃないかなと。
    • 11. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 19:52
    • 乱反射やろなぁ
    • 12. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 20:10
    • 湊かなえ「少女」
      悲しいというか後味悪い系か
    • 13. lifepha !?cker
    • 2015年10月15日 20:13
    • 小説初心者のワイ
      絶望的にならんけど、「青の炎」推しとく
    • 14. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 20:22
    • ミシェルウェルベック 素粒子
      リア充と自分の人生比べて辛くなるやつは、
      これ読んだら死にたくなるぞ
    • 15. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 20:28
    • 電話が鳴っている
    • 16. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 20:31
    • 雁の寺、越前竹人形 水上勉
      女の一生、沈黙 遠藤周作
      新しいのは分からないや
    • 17. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 20:33
    • 大槻ケンヂののほほん日記
      エッセイだけど、高校生の頃読んでて
      当時のオーケンと同じくらいの年になって読み返したら
      びっくりするほど悲しくなった
      後編?の方オススメ
    • 18. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 20:40
    • 疾走かな
      悲しいというか一つも救いのない話
    • 19. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 20:41
    • 漱石の夢十夜の三夜と七夜。何年か毎に読むと捉え方が変わって来る。ただひたすら心が重くなる。
    • 20. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 21:00
    • 連城三紀彦の戻り川心中がないとは
      個人的には桔梗の宿が1番好きだが
    • 21. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 21:01
    • アラン・シリトーの「漁船の絵」。
      短編集「長距離走者の孤独」の中に入ってる短い読み物。
      悲しいというか、、、。
      どう表現すればいいかわからないけど、とにかくお勧めなので。
    • 22. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 21:43
    • マノンは綺麗なままだよ
    • 23. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 22:07
    • 井上靖の「補陀楽渡海記」
    • 24. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 22:31
    • タタール人の砂漠
    • 25. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 22:45
    • 新井素子っていかにも女らしい書き方なんだけど、俺は女々しい人間だから好きなんだよね
      『おしまいの日』があるなら、ついでに『ハッピーバースディ』も絶望系
    • 26. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 22:50
    • 確かに重松清の疾走はすごい悲しくなったなあ。あと貫井徳郎なら灰色の虹もおすすめ。あれも救いが無い。
    • 27. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 23:08
    • 武者小路実篤の『友情』
    • 28. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 23:23
    • シェイクスピア オセロー
    • 29. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 23:36
    • 吉村昭
      「仮釈放」
    • 30. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 23:44
    • 渚にて
    • 31. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月15日 23:46
    • 米澤穂信のボトルネックかなあ
      名作だと思うけど、もうちょっと文章力があったらなあって読むたびに思う
    • 32. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 00:08
    • 筒井康隆の夫婦
      1分で読めるしお薦めです
    • 33. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 00:23
    • 『冷たい方程式』は出た?
    • 34. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 01:04
    • 重松清の疾走がないとか正気かよと思ったけどコメ欄にあって安心した
    • 35. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 01:23
    • 悲しい物語が好きな方たくさんいるんだね
      自分も悲しくなるから読めないよ残念
    • 36. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 01:29
    • 向日葵の咲かない夏
      悲しくはならないかもだが胸に残る
      もう読み返したくないな
    • 37. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 01:43
    • 角田光代のキッドナップ・ツアー
      前向きなかんじで終わってるのがまた切ない。
    • 38. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 03:41
    • 虐殺器官
    • 39. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 05:35
    • 深沢七郎の『楢山節考』が出てない。
      食糧難にあえぐ村の掟(楢山参り)を当然の事として受け入れる主人公の老婆。
      共同体のルールを疑うことなど考えも付かない老婆の何と愚かなことか。
      みずからの死を意識しながらも,家族のことを思いやらずにはいられない老婆の何と崇高なことか。
    • 40. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 07:57
    • 隣の家の少女がないなんて
    • 41. 空缶
    • 2015年10月16日 11:18
    • ※21
      男の方が自閉的というか、困難を乗り越えるのではなく困難に適応しちゃう奴なんだよな。
      女房はほぼあきらめつつも、まだ捨て切れていない。
      男の態度からして完全破局はもうすぐそこという勿体なさ。
    • 42. 海馬1/2
    • 2015年10月16日 11:20
    • 朝倉鬼一郎「ブラッド」
    • 43. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 11:22
    • 東野圭吾 秘密
      辛すぎて胸が痛くなった読まなければ良かったと
    • 44. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 13:20
    • アレックス・シアラーのスノードームって本!
      悲しいけど美しい話でティムバートンの世界観っぽい話!
    • 45. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 14:44
    • 遠藤周作『沈黙』
    • 46. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 15:07
    • 遠藤周作 女の一生キクの場合
    • 47. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 15:45
    • 書いてた人がいたけど米澤穂信の「ボトルネック」に一票
      テンポよく読みやすく進むのに終わりの世界から自分が必要とされない孤独感と男子高校生の閉塞感がたまらなく息苦しい
    • 48. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 16:22
    • 高瀬舟
    • 49. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 17:39
    • ※31 ※47
      ボトルネックは同意
      なんでわざわざこんな凹む話を書いたのか疑問になる
      俺的には東野圭吾の秘密かなあ
      あれはきっついわ
    • 50. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 18:26
    • マイナー所で笠井潔の「オイディプスの刃」
      全編に漂う妙な清潔感が逆に来る
    • 51. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 18:48
    • 宮部みゆき「模倣犯」
    • 52. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 19:47
    • 幾らでもあるけどぱっと思いついたのはゴールディングの蝿の王かな。
      ラスト付近の「僕ら、上手くやれると思ったんだ」はひたすら切ない。
    • 53. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月16日 21:00
    • 西の魔女が死んだ
      殺人鬼フジコ
    • 54. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月17日 01:23
    • 人間失格 太宰治
       
    • 55. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月18日 00:45
    • 人間失格は寧ろ爽快感があるな?
      実家が大金持ちなのもあるが
      ある種の悟りだと思う
    • 56. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月19日 01:37
    • 乙一の短編、失はれる物語の表題作
      もう二度と読み返さない
    • 57. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月19日 16:32
    • 朝の少女 マイケル・ドリス
      ネタばれなどの事前情報無い方が絶対に良い、絶望的になるね。
    • 58. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月19日 23:35
    • 「塩狩峠」本屋で見かけるたびに読んでみようかと思うんだけど、結末を知ってしまってるせいで中々手が出せない。
    • 59. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月20日 19:53
    • ファッション小説
    • 60. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月20日 22:10
    • 四日間の奇蹟
      ピアニストが主人公の、ちょっとSF入った恋愛小説
      一瞬の光
      大企業のエリートサラリーマンが若い娘とドタバタする恋愛小説
      どちらも結末が悲しい。胸が苦しくなる。いい歳したおっさんだけど恋愛小説で泣ける
    • 61. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年10月29日 11:37
    • ※1にもあるけど、疾走は中高生の定番な気がする
      あとは映画化もされたけど悪の教典もなかなか
      古い本だと三島由紀夫の豊饒の海
    • 62. 自他とも認めるパーティマン
    • 2015年11月03日 21:40
    • フランケンシュタインが、私はきつかった。真っ暗な気持ちになった。あれを作者が十九歳(確か)で書いたなんて。
      それと、有島武郎の生まれいずる悩み、もけっこう暗いと思う。主人公が、夜、家で寝る前に妹と話している場面は好きだけど。
      あと、有名だけどジーキル博士とハイド氏。これは暗いけど好き。これからの季節、冬になって寒くなってくると読みたくなる。もう何度も読んだけど。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

卑猥な単語や誹謗中傷コメントは修正される場合がありますのでご了承くださいm(__)m


みんなが見てる


今週人気

    管理人厳選記事

    記事別アクセスランキング

    ブログパーツ

    注目



















    スポンサードリンク
    remote-buy-jp7
    • ライブドアブログ