ライフハックちゃんねる弐式映画 > 映画評論「社会の闇を描いていて〜」← これ考えすぎじゃね?

2019年11月09日

21コメント |2019年11月09日 08:00|映画Edit

1 :シャイニングウィザード(埼玉県) [MY]
https://anond.hatelabo.jp/20191107140353

■社会学的に映画を読み解く評論を見ると、失笑(しっしょう)してしまう

ファイトクラブみたいな男性性・女性性に焦点を当てた作品なら社会学的に読み解くのはわかるんだよね。

フェミズム的見方は嫌いなんだけど、ファイトクラブに関してはフェミズム的文脈なしでは見られないから、男性嫌悪的文脈でも

そういう見方もあるんだなって見ることが出来た。

でも

エイリアンの一作目みたいなのを見て、フェミニズム的文脈から語られると失笑してしまう。

制作側の事情を知ってる側からすると、何かの思想一つで作品を生み出すような事は不可能。

女性が主人公になったのも、男だけじゃ売れないからだし、機械姦のシーンがあったのもお色気シーンが無いから監督の性癖を詰め込んだだけだし

ああいうのは資本側が色々注文つけてくるもんなので、フェミズムが根底にあるとかこじつけにしか思えないんだよな。

酒飲みながらリラックスして映画見ろよな。

2019/11/07(Thu) 22:12:50 ID:?
4 :ボ ラギノール(東京都) [GB]

テキトーに誤魔化せばあとはみんなが勝手に解釈するって庵野が言ってた


2019/11/07(Thu) 22:18:35 ID:bUrk7sMo0.net 5 :

評論家のほうがいろんな映画を見ているだろう
で、仕事で文章を書かねばならんの


19/11/07 22:19 ID:uKMi63ST0.net 7 :

考えすぎというかステマ。


19/11/07 22:24 ID:co6c1E/90.net 8 :ブラディサンデー(埼玉県) [CL]

評論家「この映画は社会の闇を描いていて」
俺「その前に社会の窓が開いてるんですけど…」


2019/11/07(Thu) 22:25:28 ID:rM2BBjul0.net 9 :

なるほどです!


19/11/07 22:25 ID:JF7B7p0B0.net 10 :

評論=感想文
これで食えるのは才能


19/11/07 22:27 ID:WIW//TM90.net 14 :ジャーマンスープレックス(東京都) [ニダ]

>>10
コネがあれば、指定の作品を褒めちぎるだけで製作会社から金が貰えるんだろ?
むしろ感想文の出来が良くて沢山の読者に支えられて食えてる奴なんかいないんじゃね?


2019/11/07(Thu) 22:30:04 ID:co6c1E/90.net 12 :エメラルドフロウジョン(SB-iPhone) [NL]

社会の闇を描くならとっても優しいあまえちゃんでも実写化しろ


2019/11/07(Thu) 22:28:49 ID:AwLzVkiF0.net 16 :

>>12
闇そのものは闇をえがくって言わないのではとフトオモタ
あまえちゃんやなろうに群がる中年たちを赤裸々に撮影したら闇を描くになるかも


19/11/07 22:32 ID:Nkhlp1ew0.net 20 :

兄殺人鬼のほうに事件の生き残りの女子に似た名前つけちゃってるし
ババアになったかつての女の子が恐怖のあまりキ千と化して殺人鬼に対抗しようとしてる姿が
かつての加害者のキ千っぷりとオーバーラップしてるよね!
って解説して笑ゴマしている


19/11/07 22:49 ID:82z3uSvb0.net 22 :ニールキック(東京都) [US]

この映画はただ立って座ることだけが主題の作品である。
とか往年の蓮實重彦ばりに言われたら作った人泣いちゃうだろ


2019/11/07(Thu) 22:50:18 ID:/FNNChn30.net 24 :

この前テレビでやってた3度目の殺人?裏ストーリーとして犯人はサトラレ系の力を持ってると力説してるブログあってワロタw
読み進めていったらそうとしか思えなくなった


19/11/07 22:53 ID:0P6VxEmz0.net 25 :

日本人側では顔も名前も知らないのに、まわりには兄って自己紹介するやつがいるんだよ
誰だ
あと父って名乗るやつもいて


19/11/07 22:53 ID:82z3uSvb0.net 38 :

ハンニバルは
DTの初恋を描いた純愛映画な


19/11/07 23:20 ID:z8v5u2Kc0.net 41 :

エイリアン見たこと無いし、それでどうフェミが論じられてるのかわからないけど
女がいないと売れないとか、お色気シーンが欲しい、ってのは充分フェミに関わることじゃないの?


19/11/07 23:31 ID:tsHiTw1G0.net 45 :

天気の子に対して「社会の貧困となんちゃらを描いて〜」とか言ってるの見てなんかしらけた
バカな方が映画って楽しめるわ


19/11/08 00:31 ID:dewoYgtu0.net 50 :ドラゴンスープレックス(家) [ZA]

>>45
監督も困惑だろうな
いや、そこまで考えてないんだが...みたいな


2019/11/08(金) 00:55:55 ID:9BDNDXE20.net 47 :

邦画でタイトルの色にパッションピンク使ってる映画は例外なくゴミ映画


19/11/08 00:47 ID:CWWgftao0.net 52 :

JOKERがそうだった、ネットで探したら気持ち悪い批評多かった


19/11/08 07:49 ID:jLPpqh7j0.net 54 :

こねくり回した屁理屈で「俺はわかってるんだ」と気取りたいだけの厨二病だろ


19/11/08 09:04 ID:L97tcjTq0.net 61 :

新興宗教のマンセーアニメ映画とか見ると社会の闇を感じるわ


19/11/08 11:27 ID:2cp66Bvk0.net 62 :

ゾンビ映画の多くは
欲望に貪欲で死を謳歌するゾンビとの対比で
死に怯え何かに追われ夢も希望も無くし死んだように生きる現代人をデフォルメして表現してるもの


19/11/08 11:35 ID:GjE6Hdzu0.net 63 :

作者の心の闇が深い程、良い作品が生まれる。


19/11/08 12:04 ID:AUnARMk10.net 64 :ジャンピングDDT(富山県) [US]

>>1
制作者が意図しなくても、作品が社会問題を描き出すことは、あり得る。


2019/11/08(金) 14:15:24 ID:w+znkVyD0.net 48 :

なんでも人種差別に結び付ける町山智浩の事か

今のアメリカがわかる映画100本 町山 智浩

19/11/08 00:51 ID:0lfecw1K0.net

編集元:「http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1573132370/



 コメント一覧 (21)

    • 1. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 08:16
    • 視聴者よりも何十倍も頭がいいクリエイターがつくってんだから、隠された意図が含まれてても不思議じゃないけどな
      公式が否定しなければどんな解釈があってといい
    • 0
    • 2. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 08:26
    • ジョーカーについては、貧困なり社会弱者なりあるやろ。
      ただ、ジョーカー観て「俺やわ」とか影響だの共感だのは可笑しいんだよな、映画を観てる(腹の膨れない娯楽に金を出せている)時点でそいつはジョーカーではなく、ウェイン側なんだよ。
    • 0
      • 4. 自他とも認めるパーティマン
      • 2019年11月09日 08:34
      • >>2
        ジョーカーだって貧しいなりに他のコメディアンの舞台を観に行ってたろ
        映画を観に行く金があったら貧困層じゃない、は極端だと思うが
      • 0
      • 15. 自他とも認めるパーティマン
      • 2019年11月09日 12:18
      • >>2
        もしかして、全く同じ境遇でないと人は共感できないと思ってる?
        不細工な人は美形に、金持ちは貧乏人に共感出来ないと?

        貴方、面白いと思ってる映画作品少ないでしょ?
      • 0
    • 3. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 08:30
    • そうそう変わらない話なら分かるが、流行りものだと作った時には時代遅れになるからなぁ
      ただグレムリンやスタートレックがウケた事実を日本人は真剣に考えるべき
    • 0
      • 17. 自他とも認めるパーティマン
      • 2019年11月09日 13:03
      • >>3
        グレムリンもあれは日本兵に対する恐怖を表現しているとか言ってるやつもいたな
      • 0
    • 5. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 08:41
    • 隠された意図というか作り手が意識してなくてもそのときの社会情勢や作り手の境遇から読み取れる一種の心理のようなものはある
      他人に強要しなければそう言うのを探す楽しみも映画の魅力の一つ
    • 0
    • 6. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 09:14
    • 聴いてくれ、QUOカードの唄!
    • 0
    • 7. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 09:33
    • トリュフォーがー
      ゴダールがー

      うっさいわ

      BTTFが最高傑作なんだよ!
    • 0
    • 8. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 09:45
    • 話題にならないと次作作れないから
      どんな滅茶苦茶な考察でも公式は絶対否定しないし肯定しない
      だから話題になる
      物つくりが好きな人共通の心理だし、考察しまくる人はただの養分
    • 0
    • 9. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 09:54
    • 評論家の仕事は
      客に新しい作品の楽しみ方を提供することだ

      俺たちが意識していなくても
      社会に影響された価値観を持つように
      作品にも作者の意図しない何かが必ず染み出す

      評論家はその何かを指さす
      その何かに気づき喜ぶ人が一定数いる


    • 0
    • 10. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 10:11
    • 考えすぎって思われるってことは
      いい評論じゃないってこと
    • 0
    • 11. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 10:14
    • そうやって考えるのも映画は…いや、創作物は楽しいんだろ
      ヤボなこと言うな
      それに評論家は書くのが仕事
      無理矢理にでもネタを絞り出さないと食っていけない
      子供じゃなけりゃそれくらい分かるだろ
    • 0
      • 20. 自他とも認めるパーティマン
      • 2019年11月09日 14:59
      • >>11
        そんな仕事無くなれば良いのに
      • 0
    • 12. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 10:24
    • ファイトクラブにフェミニズムなんてあったかぁ?
    • 0
    • 13. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 10:41
    • 製作者は考えていないとしても、
      どういう楽しみ方してもよくね?
      どんなものでも製作者の意図通りになるならば、
      つまんない作品なんて出来ないはずだろ。
    • 0
    • 14. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 11:58
    • 映画監督とか新海を叩いてる時点で、視聴者がみたいものも作れないってわかるわ。映像的にどうであれ、何故はやって客が見に来るかすら、わかんないから、衰退するのは当然。どんだけ傲慢なんだって思うけどな。
    • 0
    • 16. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 13:03
    • タモリクラブだったかな、国語の試験に使われた作品を原作者に解かせたら不正解連発だったやつ
      テスト作成者の解釈を察して答えるテストだったんかいっていう
      まぁ評論家なんかみんなお得意様ヨイショ芸人だから真に受けなくていいよ
    • 0
      • 18. 自他とも認めるパーティマン
      • 2019年11月09日 13:52
      • >>16
        『作者の死』嫁
      • 0
    • 19. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月09日 14:57
    • 闇が深いのは評論家の方
    • 0
    • 21. 自他とも認めるパーティマン
    • 2019年11月10日 10:56
    • 主人公が上司に理不尽に怒られるだけで社会の闇
      それくらい社会の闇はありふれてる
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

卑猥な単語や誹謗中傷、差別的な内容が含まれるコメントは修正・削除される場合がありますのでご了承くださいm(__)m


みんなが見てる


今週人気

    管理人厳選記事

    記事別アクセスランキング

    ブログパーツ

    注目















    スポンサードリンク
    remote-buy-jp7
    • ライブドアブログ