ライフハックちゃんねる弐式 > 大学生活

2020年09月06日

56Comments地方・地域大学生活|2020年09月06日 22:00|Edit

1 :首都圏の虎 ★
「つくば市」の人口が33年も増え続けている理由 9/5(土) 5:41配信 東洋経済オンライン

106総務省が発表した「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」(2020年1月1日現在)の発表資料の中で、3年連続で日本人住民の人口が増加しているパワフル自治体として、茨城県つくば市、埼玉県朝霞市、東京都文京区、東京都国分寺市、長野県御代田町、岐阜県岐南町、愛知県清須市、三重県朝日町、広島県海田町、沖縄県宜野座村といった10市町村の取り組み例が紹介されている(3年連続増加自治体の総数は157)。

 これらの地の人口増加の要因としては、未来都市構想、ブランディング推進、移住促進事業推進、拠点施設の機能強化、子育て世代の環境づくりなどが挙げられている。

 注目したいのは、人口22万7566人(日本人住民)のつくば市だ。つくば市の統計データによると、市制施行の1987年当時の総人口(外国人住民含む)は15万7202人。それが直近の8月1日の総人口は23万9785人(8月1日現在)で、1.5倍に膨れ上がった。しかも33年間連続で増え続けているのである。

■秋葉原から1時間弱で着く

 それにしても、つくば市の人口はなぜ、こうも増え続けているのだろうか。そのワケを探るために8月のお盆休みの最中に現地を訪れた。

 秋葉原で、この夏開業15周年を迎えたつくばエクスプレス(TX)の区間快速に乗り込むと、守谷あたりから沿線に、緑の水田がどこまでも続く田園風景が広がる。分譲地の看板、新しい戸建ての住宅が点在し、新興住宅地の雰囲気だ。

 秋葉原を出て53分で目的地のつくばに到着した。快速だと45分だというから、中央線の特別快速でいうと東京ー豊田間(46分)とほぼ同じ所要時間である。わずか45分で埼玉を越え、茨城まで行ってしまうのだから、速い。最高速度時速130キロ、踏切ゼロのなせる業だろうか。この東京との交通アクセスの良さが人口増加の要因の1つであるのは間違いないだろう。

 地下にあるつくば駅を出て、総合インフォメーションセンターで市内の情報収集。観光、グルメなどのパンフレットが揃い、スタッフも常駐している。まち歩きマップを入手し、まずは「つくばエキスポセンター」に向かう。

 つくばエキスポセンターは、1985年のつくば科学博の都心会場となった建物で、H-2ロケットが目に飛び込んでくる。

 途中の中央公園入り口には「未来への道」があり、江崎玲於奈博士、朝永振一郎博士の銅像が出迎えてくれる。緑に包まれた園内を進むと太陽系の惑星をわかりやすく説明した石碑が太陽からの距離に応じた順に並んでいる。一帯には美術館や図書館もあり、散策しながら未来志向の科学のまちの一端に触れることができる。

■モビリティロボットの実験地区にも

〜(略)〜

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/dec57f2cf0d2d1ea2cfe7baf2905961762ba50ac?page=1
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200905-00373019-toyo-000-1-view.jpg
https://toyokeizai.net/mwimgs/6/6/-/img_665fda08ed072b38ca427be61e50ef15910808.jpg
https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/3/b/1140wm/img_3be856e5a722687345f8ffb9ed80e681167627.jpg

2020/09/05(土) 12:09:44 ID:oG1UUnDW9.net

新着コメント
LINEで読む
LINE読者登録QRコード
記事検索
月別アーカイブ
ブログパーツ
フィードメーター - ライフハックちゃんねる弐式
スポンサードリンク
remote-buy-jp7
  • ライブドアブログ