ライフハックちゃんねる弐式 > 筋トレ

2chまとめのまとめまとめ+2ちゃんねるmm\(^o^)/アンテナシェア無気力↓朝目 ブーン| ロリポ| しぃはいよる

2018年12月10日

15Comments筋トレ|2018年12月10日 19:30|Edit

筋トレに夢中になることのダークサイドが研究で示される - GIGAZINE

〜(略)〜

Mounting Evidence Shows a Dark Side to Our Obsession With Ripped Men
https://www.sciencealert.com/men-obsessed-with-bulking-muscles-more-depressed-and-likely-to-binge-drink

この研究は、18歳から31歳の2460人のアメリカ人男性の筋肉増強に焦点を当てて行われたもの。一般的に、少女たちの「理想」として痩せた体や細いウエストが強調されますが、少年・男性の場合は「広い肩幅や大きな筋肉を持つべきだ」といわれることがよくあります。今回の研究では、少女たちと同様の質問を行うことは無意味だと考えられたことから、これまでの研究でみられたような「ダイエット」「細さ」ではなく男性に特化した質問が行われました。

この結果、被験者の年齢、性的指向、体重、教育レベルに関係なく、筋骨のたくましさを求める事と、うつの関係が顕著であることが判明しています。また筋肉に対する強迫観念を持つ人は筋肉増強のサプリメントやアナボリックステロイドを取る傾向が4倍高く、また週末にアルコールをより多く摂取する傾向にあったとのこと。

「このような筋骨のたくましさに対する衝動は、若い人々が自分の人生を統制できていないことのサインであり、彼らはトレーニングを通して統制を感じているのかもしれません」と研究を行ったTrine Tetlie Eik-Nes氏は述べています。「簡単に言えば、少女たちがおう吐するのと同じ理由で少年たちはトレーニングに夢中になるのです」とのこと。

研究者は、普通の職業・学歴・家族を持つような一般人がクリスティアーノ・ロナウド氏のようなプロの運動選手の肉体を理想としてしまう時に問題が生じると指摘。

運動選手が行うフルタイムのトレーニングは「仕事」のようなものであり、運動のパフォーマンスを向上させるという目的を持ちます。一方で、ジムで行うトレーニングは運動パフォーマンスや肉体の機能とは関係なく、多くが「見た目」のために行われるものです。このような目的は強迫観念になりやすく、実際に被験者の多くは「胸の筋肉が十分ではない」「トレーニングを怠ると罪悪感にさいなまれる」といった発言をしたとのこと。

〜(略)〜

https://gigazine.net/news/20181209-dark-side-of-muscularity/
|

新着コメント
LINEで読む
LINE読者登録QRコード
記事検索
月別アーカイブ
ブログパーツ
フィードメーター - ライフハックちゃんねる弐式
スポンサードリンク
remote-buy-jp7
  • ライブドアブログ